田中たかあきの哲学ブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

グーグルアナリティクスでサイトを新しく追加する方法2018年版

グーグルアナリティクスでサイトを追加するやり方 1.ログインしてホーム画面を出す まず、ログインしてホーム画面を出すと、以下の画面が出ていると思います。 2.「管理」という左下にある丸いマークをクリックする 一番左下に、「管理」という欄がある…

「化粧しないのはマナー違反」とかいう理不尽な考え(笑)

化粧しない自由 ノーメイクはマナー違反、これ女性は言われたある人もいるかもしれない。 だから、失礼にならないように、疲れてるけど化粧しよう・・・とか、めんどくさいけど化粧して、疲れて家に返ってきて化粧を落とす。 でもさ、化粧しないのがマナー違…

哲学と大学の深い関係と、ギリシャの伝統

哲学と大学の深い関わり 哲学とは何か?というとき、「哲学」という言葉の定義が人によって違う。 哲学とは、世間一般的には哲学者という人達がやってることが哲学だというイメージだ。 そんな中、哲学と大学との深い関わりを無視できない(しかし必然性はな…

ニーズとウォンツを区別して市場とイノベーションを再定義する

ニッチより大きい市場を狙うメリット 最近思うのは、小さい市場でビジネスをすると、売り上げや利益額が少ないということです。ニッチ市場よりマス市場を狙うべきだと。 何百億、何千億という利益をたたき出すには、市場規模が大きいほうが有利だと思います…

グラビア写真の2つの存在意義

グラビア写真の存在意義は肉体美と生命 水着などを着ている、いわゆるグラビア写真の存在意義とは何か? それは少なくとも2つある。 第一に、肉体の美しさを見せることだ。 つまり、肉体美こそが、グラビア写真の醍醐味であり、これは芸術の1つである。 健…

人物撮影は難しい3つの理由

ポートレート撮影は難しい理由 人を撮影することが難しい理由は、第一に、表情やポーズを工夫する必要があるから。 第二に、モデルさんとコミュニケーションをとり、モデルさんが楽しい気持ちになるように盛り上げる必要があるからだ。 私が一番頭を使うのは…

結婚したら1つの価値観に縛られるから結婚したくない

結婚したら1つの価値観に縛られる 私は結婚したくない。一生独身で生きていこうと決めている。 欅坂46の『不協和音』での平手友梨奈さんのように、「僕は嫌だ!」と心の中で叫んでいる笑 その理由の1つは、多様な観点や価値観から世界を眺めて生きていき…

ブスと美人の基準は人それぞれ違うから、絶望しなくていい

ブスだから死にたいというのは視野がせまい理由 ある人が、ブスなのか美人なのか、という判断は、世界中の人間それぞれが異なる。 だから、「自分はブスだ、鬱だ死にたい」と絶望するのはおかしい。 ある人にとってはブスでも、ある人からすれば超美人、とい…

成功するなら、本能を否定するより、本能と協力したほうが楽な理由

本能と戦うのではなく、協力する 人は性欲や食欲、睡眠欲、承認欲求などの本能を持つ。 いわゆる爬虫類脳というやつだ。 例えば、美人の女性と付き合いたい、みたいな本能がある。 私は割と、こういった本能を理性で抑えて我慢しようとするタイプだ。 しかし…

レッドオーシャンの中にブルーオーシャンを作れば成功しやすい

純粋なブルーオーシャンのデメリット ブルーオーシャンのデメリットは、市場が小さい可能性が高いということです。 また、市場を人々に知らせて認知させるコストがかかることです。 もし、市場規模が小さい市場でブルーオーシャンを見つけても、あまり稼げな…

結婚すると劣化する原因は〇〇

結婚後に容姿が劣化する原因は〇〇 もし、人は結婚すると容姿が衰えやすいならば、その原因は何か? 「結婚したら妻が劣化して絶望している」とか「結婚後に夫が太った」などという声がよくある。 私が考える1つの仮説は、油断して競争しなくなるから衰えや…

好きなものを見つけることは自分の欲望のイデアを発見すること

好きな人や好きなものを見つけることは、自分の欲望を発見することであり、欲望のイデアを見ることだ。 そしてそれは、自分自身の存在を確かめる作業なのだ。 例えば、ある人のことをいつも考えてしまい、その人の前だとドキドキして、好きな人ができたとき…

相手を手に入れる恋愛と、手に入れようとしない恋愛の比較

独占型恋愛と、非独占型恋愛という2つの恋愛 恋愛を2つに分けることができる。 1つは、相手を独占し自分だけのものにする恋愛だ。 2つめに、相手を独占しようと欲しないで、ただ相手と一緒に時間を過ごせることに喜びを感じる恋愛である。 順番に詳しく…

自分で理由を生み出す者が神、という共通の思想

デカルト、ライプニッツ、ニーチェの共通した答え 絶対に疑えない前提や根拠は何か?という問いに対して、デカルトとライプニッツとニーチェは、同じ答えを出している。 その答えとは、自分自身が根拠になるということであり、自分自身で前提を生み出せる自…

ブルーオーシャン戦略とは何か~2つのブルーオーシャン~

ブルーオーシャン戦略は2つある ブルーオーシャン戦略とは、主に2つあります。 1つめは、お客さんの欲望を満たす物を、他の商品とは違う形に具現化することです。 2つめは、今まで満たせなかった欲望を満たすことができる商品を提供することです。 1.…

1つのものだけに執着し続けるのは難しい

執着する生き方は難しい 人は、何かに執着するが、たった1つのものだけを徹底的に執着し続けることは非常に難しい。 なぜなら、人は飽きるからだ。執着力が弱いのだ。 例えば、どんなに好きな人とでも、いつも一緒にいたら飽きる。 どんなに好きな食べ物で…

若者言葉は新しい観点を発見するイノベーションだ

若者言葉が軽薄だというのは趣味の違い 「ヤバい」を使うか、軽薄で汚い言葉かどうか、は人それぞれ 例えば、「ヤバい」と言う言葉は、軽薄だとか、語彙力が乏しい、貧しい日本語などと批判されることがある。 しかし、これは単に各人の趣味の違いにすぎない…

私が哲学を学び始めたきっかけ

私が哲学を学んだきっかけ 私は大学3年生まで、島根県立大学という大学に通っていましたが、2011年にその大学を中途退学して、千葉大学文学部の哲学講座に3年次編入学し、哲学を本格的に学び始めました。 大学3年生を2回やっており、実質的に一浪した…

年が離れた恋愛はダメというルールの中で、人は恋愛しなければならない

年が近い人の中から恋愛相手を見つけるという規範 恋愛は、自分となるべく年が近い恋人が望ましい、自然である、という暗黙のルールがります。 例えば、大人が未成年と恋愛をすると、イタイ人だと思われます。 成人男性が18歳の女性と付き合うと、「ロリコ…

シェアハウスは寂しくなく、気楽だ

シェアハウスは寂しさがなく、責任もない 家族生活と一人暮らしのいいとこどり いろいろなシェアハウスに私がずっと住み続けているのは、他のライフスタイルとは違う、独特の魅力があるからです。 まず、シェアハウスは寂しくありません。 例えば一人暮らし…

私は政治的価値観を押しつけるクズ野郎でした

政治的な価値観を押しつけるクズだった私 政治的な話を会話でしていた馬鹿な私 今の私は右翼なのですが、20代前半の学生のころはバリバリの左翼でした。 シールズとかが出てくる前です。シールズが出てきたときは既に私は右翼でした。 そして当時の私は、…

キルケゴールの哲学における反復と絶望の概念

キルケゴール哲学を解説 人は2つのものの間を反復する キルケゴールの哲学の本質は、反復と絶望です。 反復とは、2つのものの間を行ったりきたりする運動のことです。 あちらを立てればこちらが立たず、という相反する2つのモノの間をウロウロと行ったり…

イノベーションはゼロサムゲームかプラスサムか?

イノベーションはプラスサムかゼロサムか 新しい技術や商品を開発することを、イノベーションと言い、イノベーションは経済を活性化させるというイメージがある。 ではイノベーションはプラスサムゲームなのか? 結論から言うと、イノベーションは、消費者に…

赤ちゃんが生まれた時に泣く本当の理由

赤ちゃんが泣く真の理由 この世界に生まれて悲しいから泣く なぜ赤ちゃんは母親から生まれたときオンギャアと泣くのか? ハハハ、と爆笑しながら生まれてくる赤ん坊はいない。 私は考える、1つの仮説は、生まれてきたことが悲しいからだ、というものだ。 赤…

1つの姿に固執すると他の観点が見えなくなる

1人の人物に固執すると世界全体を見えなくなる 恋人や結婚相手、好きな歌手やタレントや、好きな作家などがいて、その好きだった人の姿や作風が変わってしまうと、劣化したとか批判されることがある。 好きだったものが変わったしまったことを悲しむのは当…

童貞・処女で馬鹿にされたくないから恋愛する、という恋愛

脱童貞・脱処女を目的とした意図的な恋愛 理想的な恋愛では、好きな人ができたから付き合う、という流れが自然な恋愛である、という考え方があると思う。 しかし、現実には、童貞や処女であることを他人からバカにされたくないから、とりあえず恋愛をしたい…

いじめを隠蔽したほうが学校現場はうまくいく理由

いじめ問題は誤魔化したほうが得な理由 いじめ問題を学校が隠したり認めないで誤魔かすことに対して、世間からは批判が多いです。 でも、いじめ問題っていうのは、なるべく隠蔽して誤魔化したほうが、学校教育にとって良いことなんですね。 なぜなら、いじめ…

『魔女の宅急便』における、ひとり立ち

魔女の宅急便における一人立ち 実家を出て一人暮らしする 角野栄子さんの童話『魔女の宅急便』は、宮崎駿の映画『魔女の宅急便』の原作です。 この原作が、非常に面白くて、私が好きな童話の1つです。 (※1) この作品で強く描写されているテーマは、自立す…

ニキビと肌荒れを3週間で治す方法

ニキビ 治す方法 ホコリを吸わないようにすると、ニキビと肌荒れが3週間で治ると、以前ある人が言っていました。 この方法なら、ずっとニキビと肌荒れで悩んでいる人も治る可能性があります。 結婚式の3週間前に鼻に大きなニキビができてしまった人でもニ…

ユミルは自分の大切な人のために生きて、自分のために生きた

ユミルの個人主義と愛 『進撃の巨人』の中でユミルは、クリスタのために生きることによって、自分のために生きたのだと私は理解している。 単に人のために生きるのではなく、自分にとって大切な人のために生きることで、同時に自分のためにも生きる、という…