田中たかあきの哲学ブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

レッドオーシャンの中にブルーオーシャンを作れば成功しやすい

純粋なブルーオーシャンのデメリット

ブルーオーシャンのデメリットは、市場が小さい可能性が高いということです。

また、市場を人々に知らせて認知させるコストがかかることです。

 

もし、市場規模が小さい市場でブルーオーシャンを見つけても、あまり稼げないかもしれません。

つまり、必要としている人の数が少ないか、消費金額が少ないということです。

 

しかも、全く新しい分野だと、その商品を世の中に普及させるために非常に労力を使います。

なぜなら、全く未知の市場だと、人々にまずそれを認知させる必要があるからです。

そもそも認知させるコストが高いという欠点が、ブルーオーシャンにはあります。

だから、完全なブルーオーシャンは売りにくいのです。

 

レッドオーシャンの中にブルーオーシャンを作る

逆に、レッドオーシャンの市場は、人々が既に知っている市場であり、認知されているので、売りやすいです。

わざわざ人々に未知のことを教える必要はありません。

既存の分野の中で商品やサービスを売ればいいだけです。

 

しかし、レッドオーシャンはライバルが多いという欠点があります。

ライバルが多いと差別化するのが大変です。

この欠点を補う方法は、レッドオーシャンの市場の中で、ブルーオーシャンを作るということです。

 

つまり、レッドオーシャンである大きいコンセプト(分野)の班員の中で、新しい概念や商品を作るのです。

その市場はあくまでレッドオーシャンなのですが、その大きな空間の中で、小さい新たな空間を作るのです。

 

それが、レッドオーシャンの中にブルーオーシャンを作るということです。

入れ子構造になっていることがポイントです。

 

例えば、アップルのアイフォンは、通話とかインターネットを使う通信機器という分野や、カメラという分野(コンセプト)の中に存在する商品です。

通信機器とかインターネットを使うという市場は、大きな市場なんですが、その大きな市場の中で、新しいコンセプトや商品を具現化したのがアップルです。

大きな市場の中で、新しい空間を生み出したのです。

ただし、あくまで大きな市場の範囲内であり、人々が前からよく知っている分野です。

 

ネオブルーオーシャン戦略でビジネスを成功させる

このように、レッドオーシャンの中にブルーオーシャンを作るということが、ビジネスを成功させるために必要かもしれないと私は考えています。

一回り小さいブルーオーシャンを作るのです。

 

そうすれば、人々が認知しており、ニーズも多い中で、ライバルを出し抜くことが可能になります。

言うなれば、ネオブルーオーシャン戦略です。