田中たかあきの哲学ブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

人物撮影は難しい3つの理由

ポートレート撮影は難しい理由

人を撮影することが難しい理由は、第一に、表情やポーズを工夫する必要があるから。

第二に、モデルさんとコミュニケーションをとり、モデルさんが楽しい気持ちになるように盛り上げる必要があるからだ。

 

私が一番頭を使うのは、ポーズと、モデルさんとのコミュニケーションだ。

どういうポーズにすれば、撮影の目的に合ったよい写真になるかを常に考える必要がある。

 

ポージングは数が多いから大変だ。

それに、微妙な違いにこだわってポーズを考えれば、本当に無限にある。

 

これに、角度や表情や明るさやライティング(光)などを重ねていって、総合的に判断しなければならない。

 

写真撮影の一番難しいことって、総合判断だと私は思うよ。

様々な構成要素を1つにまとめあげることが大変なんだ。

バラバラのものを連関のある1つのシステムにすることが、撮影の本質とも言える。

 

それゆえ、1つの撮影テクニックだけでよい写真をとることは困難だ。

なぜなら、撮影はいろんなものを総合的にまとめあげる芸術だから。

 

ポージングも考えながら、アングルも考え、光や明るさも考え、背景のボケも考え、さらに、モデルさんともコミュニケーションを十分にとり、モデルさんが気分よく撮影できるように配慮しなければならない。

 

なぜモデルさんの気分を上げる必要があるのか?

それは、人物撮影は表情が大切であり、雰囲気が写真に現れるからだ。

 

よい雰囲気は写真を見る人にも伝わると思う。

モデルさんの気分が暗いと、基本的にはよい写真になりにくい。

例外として、文脈によって背景とマッチしたよい写真になることもあるが。

 

モデルさんが楽しく撮影できるようにするためには、カメラマン本人が笑顔でニコニコして、前向きな感じでいる必要がある。

 

ブスっとした顔で暗い感じで「ハイとりまぁーす」ってやってたら、現場の雰囲気はドヨンとする。

だいたい、カメラマンが目の前で暗い顔してたら迷惑だ。

 

だから、撮影現場ではニコニコする。

眉間にシワをよせず、口元をニコッ。

そして、明るくて前向きな言葉を口にする。、

 

これだけで、全然雰囲気が違うと思う。

こういう当たり前で基本的なことを舐めてはいけない。

 

愚直に、真面目に、そして楽しく、大局を見て、柔軟な視点で総合的に考える。

このことを、私はポートレート撮影で常に心がけている。