田中たかあきの哲学ブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

グラビア撮影の難しさ

グラビア撮影が難しい理由

1月9日に仕事のためグラビア撮影をしたのだが、グラビアの撮影は難しいという話をしたい。

グラビアの撮影は、まず時間が足りないことが多い。

例えば12時から18時まで撮影スタジオを借りて撮影したとする。

すると、その6時間は圧倒間に過ぎていく。

本当に、光の速さで過ぎていくのだ。

 

ゆったりと撮影したいなら、2日かけて撮影するか、8時間以上撮影したいところだ。

いずれにせよ、よりお金がかかる。

スタジオの料金もかかるし、モデルさんへのギャラも一層かかる。

 

さらに、撮影前にヘアメイクさんにヘアセットやメイクをしてもらう時間もあるから、基本的に撮影はスピードが命なのである。

 

とはいえ、早く撮らなきゃとパシャパシャやってたら、モデルさんは疲れてしまう。

モデルさんとコミュニケーションを撮りながら、適度に休憩もしてもらう必要がある。

それゆえ、6時間撮影する場合、実質的な撮影時間は5時間くらいになる。

 

この限られた時間の中で、ポーズはどうするか、光の当て方(ライティング)はどうするか、表情はどうするか、アングルはどうするか、など、様々なことを総合的に判断していかなければならない。

 

だから、カメラマンは頭を使う。

それに、ポーズや表情や光やアングルなどを複合的に組み合わせて写真を撮っていく中で、どの写真を撮って、どの写真を撮ってないかを覚えていないといけない。

「あれっ、このポーズってもう撮ったっけ?」となると、ただでさえ時間ないのに余計に時間が無くなる。

 

「このポーズはもう撮ったな。よし、次はこれ!」

とテキパキと進めていかないといけない。

 

モデルさんに自由に動いてもらって写真を撮る場合は、そんなことは別に気にせずどんどん撮ればいいけど。

自分でポーズとかを指定する場合は、記憶力が良いほうがスムーズだ。

 

まあ今回のグラビア撮影は衣装がちょっと普通のとは違って手間のかかる衣装だったのも、時間が無くなった原因ではあるだろう。

水着のような衣装なら、もっとどんどん撮れる。