田中たかあきの哲学ブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

料理が面倒すぎてため息しか出ない

料理 めんどくさい

最近自炊が面倒になってきました。

なぜなら準備と片付けと買い物に時間がかかるからです。

 

私は時短料理を作るのですが、それでも毎日作ってると面倒になってきます。

一番めんどいなと思うのが、野菜や魚や肉を切ることです。

特に魚と野菜を切るのはとても面倒です。

 

そんなこと言ったら魚や野菜はキレるでしょうが、事実です。

彼らに感謝はしていますが、やはり地味に時間をとられるのでウンザリしてくる。

 

野菜の中でもニンジンや大根は皮をピーラーで削ぐ必要があるので特に時間がかかる。

魚は、切るというかサバクのも大変なんだけど、それに加えて後始末がキツイ。

なぜなら魚は臭いからです。

 

今はシェアハウスに住んでるから、ゴミ箱に適当に捨てればいいんだけど、一人暮らしとかだとゴミ捨てを自分でしないといけないから、魚のゴミが出るのは躊躇してしまう。

 

まあサーモンみたいにゴミが出ない魚を買えば解決ですね。

あるいは切り身の魚。

 

魚丸ごと一匹はサバかないといけないから大変。

 

それに対して、肉はとても楽ですね。

切るのも楽だしゴミが出ない。

 

全国の主婦の方たちが魚ではなく肉料理に走る気持ちが痛いほどわかります。

 

まあでもとりあえずね、自炊や料理は自分の時間とられるからめんどくさいなあと思うわけです。

 

もう総菜買ってきて、炊いたご飯と一緒に食べたほうがいいんじゃないかと思ってしまいます。

あるいは、弁当とか冷凍食品とか。

もしくは、外食するか。

 

外食は最高ですよ。

準備も後片付けもいらないのですから。

 

中食や外食で全部済ませたいという誘惑がすごいです。

でも、健康に悪そうだから、やはり自炊をするしかありません。

 

野菜をあまりとれないし、味が濃いですからね。

健康面での懸念さえなければ、もう毎日総菜や外食だけでやるんですが。

 

やはり健康面では自炊が最強ですから、時短料理を極めるしかありません。

ちなみに私の場合は、小鍋の中に、切った野菜や魚や肉や米を全部ブチ込んで、最後に味噌を入れて食べることが多いです。

 

いわゆる鍋料理であり、おかゆでもあります。

これなら、鍋に具を全て入れたあと、8分くらい放置すれば完成するので、とても楽です。

 

今のところはこれが究極の時短料理です。

楽なのでよかったら試してみてください。